さっちゃんのまほうのて


著 たばたせいいち 先天性四肢障害児父母の会(のべあきこ しざわさよこ)
発行 偕成社
初版 1985/10/
対象年齢 5歳から
文字の量 やや少なめ~やや多め
ページ数 40
発行部数 不明
オススメ度 A

さっちゃんのまほうのて のあらすじ・内容

幼稚園に通うさっちゃんは明るく元気な女の子。もうすぐお姉さんになります。そして生まれつき右手の指が5本ともありません。

ある日幼稚園でままごと遊びをする時にお母さん役になりたかったさっちゃんですが、友達から「手のないお母さんなんて変だ」と攻められ傷つき、そのまま走って家に帰ってしまいます。

家に帰ったさっちゃんはお母さんに「さちこの手はどうしてみんなと違うの?」と訊きます。胸がいっぱいになったお母さんでしたが、その理由と将来も指は生えてこないことを抱きしめながら話して聞かせます。

「さっちゃんはお母さんになれないよ」という友達の言葉が本当だったらと悩むさっちゃん。その後しばらく幼稚園を休みます。お母さんや幼稚園の先生が話しかけても「いいの」と言うだけです。

さっちゃんのまほうのて の解説・感想

人の親なら心を揺さぶられるはず

前半は読んでいるといたたまれない気持ちになってしまいます。子どもって正直すぎてある種すごく残酷ですね。ですが後半、お父さんお母さん、赤ちゃん(さっちゃんの弟)、あきら君、幼稚園の先生などとのちょっとした会話や出来事によって、少しづつ立ち直っていくきっかけをつかんでいきます。最後はひとまずホッとするとともに、さっちゃんを応援したい気持ちでいっぱいになっていました。

現実をしっかり知ることも必要

お母さんがさっちゃんに障害をもった経緯をキチンと話して聞かせています。そして成長しても指が伸びてくることはないことも説明しています。さっちゃんが障害を乗り越えていくにはまず事実をしっかり知ることが必要でしょうから、これは大事なステップなのだろうと思います。そしてこれを読むこども達に対しても、障害というものを理解する上で重要なくだりであったと思います。

人の気持ちを考えられる子どもになってほしい

こどもはこれを読んで何を感じ、何を得るでしょうか。さっちゃんだってこれで完全にふっきれるわけではなく、これからいくども悩みながら成長していくのでしょうから、絵本を読んだだけのこどもが何でもかんでもこれで理解できるはずもないでしょう。ただ少なくとも、人の心をえぐる冷たい言動が何をもたらすかを知ってほしいと思いました。人の気持ちを考えられる優しい気持ちを育てていって欲しいです。

ストーリーも絵も素晴らしい

障害の事ばかりが先にたってしまいましたが、読み物としてとてもよくできてます。(偉そうですが。汗)ドラマのように細かい印象深いエピソードが積み重ねられています。絵もこども達の気持ちがいきいきと伝わってきます。田畑精一さんの本は今までも読んだことがあったのですが、この本を手にしてから好きな作家さんの一人になりました。お父さんお母さんにも読んでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。