おおきなかぶ


文 ロシア民話 A.トルストイ再話
絵 佐藤忠良
訳 内田莉沙子
発行 福音館書店
初版 1966/6/
対象年齢 2歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 28
発行部数 273万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
おじいさんが、甘く大きくなれと願いを込めて、かぶを植えます。

そしたら、ホントに大きな大きなかぶになりますが、とても一人で引き抜けません。おばあさんに手伝ってもらってもダメ。孫娘に手伝ってもらってもダメ。とうとう動物たちにも手伝ってもらいますが…

 

感想
単純なお話ですけど、面白いんです。でもよくよく考えてみると、単純で面白いって最強だなと思います。ぜひぜひお父さんお母さんも楽しみながら、ノリにノって感情たっぷりに読んであげて欲しいです。

印象的な言葉づかいや、同じパターンの繰り返しなど、小さい子の喜ぶポイントがしっかり含まれています。

「うんとこしょ、どっこいしょ」という掛け声が、何ともとぼけた感じでとてもいいです。子どもも気に入って、真似してました

絵もいいんですよ。(佐藤忠良さんって、高名な彫刻家さんなんですね。恥ずかしながら知りませんでした。)決して子供向きのかわいい感じの絵柄ではないんですけどね。登場人物みんな、ホントに一生懸命なんですが、どこかユーモラスでかわいいのです。特におじいさんがいい味出してます。誰かが助っ人を呼びに行く間、疲れて休んでいるところはいじらしささえ感じます

コメントは受け付けていません。