おばけのバーバパパ


文 アネット・チゾンとタラス・テイラー
絵 同上
訳 やましたはるお
発行 偕成社
初版 1972/6/
対象年齢 3歳から
文字の量 かなり少なめ~やや少なめ
ページ数 32
発行部数 129万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
バーバパパは、フランソワの家の庭で生まれた体の形を自由に変えられるおばけです。

でも大きすぎて家に入れてあげられないので、動物園に引き渡されます。

そこで動物たちと友だちになろうとしますが、おりから出たのがばれて、動物園も追い出されてしまいます。

友だちもお金もなく、どこにも行くところがありません。寂しくて泣いてしまうバーバパパ。

そんな時、街なかで火事に遭遇しますが…

ここまでだと何だか悲しいお話のようですが、バーバパパの能力が不思議で楽しく、ラストもハッピーに締めくくられます。

 

感想
バーバパパは体の形を自由に変えられるところがミソ。その能力を使って、やがて大活躍します。

その時々で必要なものに変身できるということなので、子どもが船に乗りたいと言ったら、船になって乗せてあげることもできるわけです。夢のある設定です。

絵はマンガ的な優しい感じのタッチ。フランスらしいオシャレな感覚のデザインです。特に木や水の表現、建築物のエクステリアなどは、やっぱりフランスなんだなぁと思いました。キャラものと侮れませんよ。

バーバパパは他の出版社も含めて、シリーズで何冊も出ています。この作品はその中の第一作になります。他の作品も数冊眺めてみましたが、私はこの作品がストーリーも絵も一番いいように感じました。

それにしても、「バーバパパ」ってちょっと発音しにくくて、そこだけが欠点と言えば欠点。

コメントは受け付けていません。