せかいでいちばんつよい国


文 デビッド・マッキー
絵 同上
訳 なかがわちひろ
発行 光村教育図書
初版 2005/4/25
対象年齢 10歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 30
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
昔、大きく強大な戦力を持つ国がありました。この国の人々は「我が国がもっとも素敵な暮らしができる」と自負していました。大統領は「世界中を征服すればすべての人が我が国と同じように素敵な暮らしができる」と考え、他の国々に戦争を仕掛け侵略していきました。

そしてとうとう残るはほんの小さな一国のみ。この国に進撃してみるとなんと軍隊を持たない国でした。なので戦争のしようがありません。小さな国の人達は兵隊さん達をお客さんのように歓迎しますが…

 

感想
戦争の悲惨さを伝えるというよりも、いかに馬鹿げたものかを風刺で表現しているようなお話です。また。豊かな暮らしとは何かを考えさせられます。

アニメの名作『未来少年コナン』を思い出しました。平和な農村に進撃した兵士たちがやがて村の一員として人間らしい暮らしを取り戻していくという場面があります。精神的に(いい意味で)侵略されたのは兵士の方なんですよね。これが非常に痛快です。同じ痛快さがこの本にはあります。

人間らしい生活ってどんなもの?。人生を楽しむために大切なことって何?。そんな大上段に構えるとこどもには難しいかも知れませんが、いい人生観を持ってもらいたいという意味でこの本から何かしら影響を受けてもらえればと思います。(まだちょっと年齢的に早過ぎるのでもう数年したら見せるつもりです。)

コメントは受け付けていません。