いいおかお


文 松谷みよ子
絵 瀬川康男
発行 童心社
初版 1967/4/15
対象年齢 0歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 20
発行部数 179万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

概要
ふうちゃんが一人でいいお顔をしていると、ネコ、イヌ、ゾウがそれぞれやってきて、一緒にいいお顔をします。

そこへお母さんがやってきて…

 

感想
ここでの”いいお顔”っていうのは、モナリザとか仏像のような微笑、アルカイックスマイルの表情です。自然体でのびのびした印象です。顔の表情よりは、むしろその時の澄んだ精神状態が本質なのかなって気がします。いいお顔をしている時はお行儀もよく座っています。

対象年齢0歳からですからお話というほどのものはありません。最初は一人でいいお顔をしていて、ネコが来て一緒にいいお顔をして、イヌ、ゾウと繰り返されます。小さい子の好きな繰り返しです。繰り返しですけど完全に同じではなくてそれぞれの動物の特色が含まれた繰り返しになっててそこがまたこどもには楽しいでしょう。最後はお母さんが来てちょっと違った展開になり、ニコニコ笑顔のハッピーエンドになります。

全体的にリラックスした気分と平和な雰囲気に包まれています。小さいこどもも安心して楽しめます。

非常にシンプルな文章です。でもきれいな、そして優しい日本語ですよ。こどもが気を引かれそうな工夫も感じられます。そしてフォントが普通の絵本より大きくひらがなの美しさを感じさせるとともに、絵との調和もとられています。

動物たちのイタズラっぽい表情がとてもかわいいです。絵は瀬川康男さん独特のタッチで、最近のキレイに整ったアニメ的な絵本とは雰囲気がだいぶ違います。色使いが変に派手派手しくないのもいいです。瀬川康男さんの絵は国内外で高く評価されているようです。

いいお顔って大人にも必要じゃない?って気がしました。この本を読んだ後にお子さんといいお顔を見せ合ってもいいかも。

『いいお顔』をテーマに選んだ絵本って私は他には知らないです。目の付け所が面白いなぁって思いました。もしかして昔は『いいお顔』って『いないいないばあ』みたいにこどもをあやすのに一般的に使われてたんですかね。

この本は当時珍しかった0歳向けの絵本シリーズ『松谷みよ子 あかちゃんの本』の一冊です。このシリーズの第一作目が『いないいないばあ』で現在日本でもっとも売れたこども向け絵本です。『いいおかお』はそれに続く第二作目になります。このシリーズは他にもご紹介していますので『松谷みよ子』のタグからご覧ください。

コメントは受け付けていません。