どっちがへん?スペシャル



 いわいとしお
 同上
発行 紀伊國屋書店
初版 2012/10/17
対象年齢 3歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 44
発行部数 不明
オススメ度 B

 

概要

どっちくんとへんくんの双子の兄弟。見た目はそっくりですが、性格はまったく違います。

二人が書いた絵を比べてみると…あれれ、同じものを書いたはずなのに、どちらかの絵はちょっと変だぞ。

どっちの絵が変なのか?そしてどこが変なのか?間違い探しの感覚で楽しめて、しかもその変加減を楽しめる、遊べる絵本です。

 

感想(若干ネタバレ注意)

見開き2ページの左右に、どっちくんとへんくんの書いた絵がそれぞれ掲げられています。絵のパターンはたっぷり17題。

前半は二人の絵の違いが一か所だけなのですが、後半に入ると何ヶ所も違うところ(変なところ)があります。しかもすみっこのほんの細かい場所に変なところがあったりして、子どもはそれを探すのが楽しくてしょうがないみたいでした。

「変」って何が変なのかと言いますと…絵の中の事物があべこべだったり、逆さだったり、形が違ったり、絵にしてみると相当変で、あり得ないというか若干シュールな味わいも。でもこれがまた子どものツボにはまったみたいで、笑い転げていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。