くっついた


文 三浦太郎
絵 同上
発行 こぐま社
初版 2005/8/25
対象年齢 0歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 24
発行部数 不明
オススメ度 B

 

概要
金魚同士から始まって、鳥や動物達がくっつきます。(キスしたり、お手々をつないだり。)

最後はお母さんと私がほっぺでくっついた。そしておまけにお父さんもくっついた。

 

感想
いないいないばあと同じ位、この「くっついた」は赤ちゃんとの触れ合いの鉄板ではないでしょうか。

「くっついた」という言葉の語感もいいですよね。それが単純に繰り返されるので、リズムもいいです。

でもただ「くっついた」を本の上で見るだけだと(それでも喜ぶ子どもは多いでしょうけど)いないいないばあほどのインパクトはないかも知れません。最終的には、お母さん・お父さんと子どもが実際に「くっついた」をやるのがこの本の最大の楽しみ方でしょうね。

実際お母さんなら「くっついた」と言わずとも、子どもと頬をすり合わせたり抱きしめたりというスキンシップは自然にあると思います。でも「くっついた」を一つのイベントとして子どもと共通認識にして一緒に楽しむのに、この本が役に立つのかなと思います。
是非いっぱいくっついてくださいな(笑)

絵は表紙の通り、シンプルでかわいく、小さい子も見やすいだろうと思います。清潔感もあってカラフルでよいです。

コメントは受け付けていません。