14ひきのおつきみ


文 いわむらかずお
絵 同上
発行 童心社
初版 1988/6/25
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 A

 

概要
14匹ののねずみの大家族は、木を登って樹上にお月見台を作ります。

そして夕暮れ、夜に。

お月さまに祈りを捧げ、お団子を食べたりして、お月見を楽しみます。

 

感想
この本は私の好きな14匹シリーズの中でも特に好きな一冊です。

前半は、のねずみにとってはとてつもない高さであろう樹上への木登りとお月見台の建設。

上に登るにつれ、段々と木の根元にいる家族が小さくなっていって、高さが実感できるんです。私が子どもの時この本を読んでたら、木登りしたい!ってホント単純に憧れたと思います。

かなり上まで登ると、今度は枝を切ってしばって、器用にお月見台を作ります。子ども達だけでですよ。すごい!く~っ、自分も子ども時代にこんな隠れ家作りたかったなぁ。無理だけど(笑)

カエルや昆虫、鳥達などもさりげなく登場します。自然の中でのちょっとした発見や出会いを擬似的に体験させてくれます。でもこういう楽しさというのは、本だけじゃなく本当の自然との触れ合いの中で体験させてあげたいですね。絵が緻密なので、カエルはどこ?とか絵さがしとしても楽しめますよ。

後半は、夕暮れ、そして日が沈みお月見へ。もうね、後半は全ページすごいです。きれいすぎ。のねずみの家族はお月さまに向かって手を合わせるのですが、そういう敬虔な気持ちになるのがわかるような気がします。

本作の他にもいわむらかずおさんの14ひきシリーズをご紹介しています。いずれも書き込まれた美しい絵は共通です。見れば見るほど新しい発見があることでしょう。文章は一番下にほんの一行。これも共通です。『いわむらかずお』のタグからどうぞ。

コメントは受け付けていません。