花さき山


文 斎藤隆介
絵 滝平二郎
発行 岩崎書店
初版 1969/12/
対象年齢 5歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 33
発行部数 114万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 A

 

概要
お祭りのために山菜をとりに山へ出かけた10歳のあやは山ンばに出会います。

不思議な話を山ンばは聞かせます。「この山の花は村の人が優しいことをするたびに咲くのだ」

そしてそこには、あやが昨日咲かせた花も…

人知れず他者のために自分を犠牲にする人を、優しく見守るような、そんなお話です。

 

感想
いいお話でした。ちょっとウルッときてしまいました。静かに、心の中に温かなものが満たされるような読後感です。この本がずっとこの先も読み継がれて行くといいな、と思います。

説得力のある文章です。信念にもとづいて書かれているのだろうという気がしてきます。

滝平二郎さんの切り絵も素晴らしいです。特に黒い背景の心象風景のページは印象的なものが多かったです。それが独特の語り口の文章と組み合わさって、ジーンとさせるんですね、これが。

ウチは4歳の子に読んであげましたが、あまりわからなかったようです(笑)。まず言葉が方言で書かれているので、何を言っているのかわからないところも多いでしょう。途中でこの作者の他の絵本作品のエピソードが関わってくるのですが、この辺りは子どもにとっては唐突でついていけない気がします。何となく雰囲気でわかってもらえるかどうか…。自分で本を読める位の子どもでなければ、補足説明を入れながら読む必要があると思います。

コメントは受け付けていません。