ねずみくんのチョッキ


文 なかえよしを
絵 上野紀子
発行 ポプラ社
初版 1974/8/
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 103万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
お母さんが編んでくれた赤いチョッキ(今ならベストという方がわかりやすいかも)。ねずみくんにとっても似合います。

それを見たアヒルさんが「ちょっと僕にも着させて」。さらにそのアヒルさんを見たお猿さんが「ちょっと僕にも着させて」。ねずみくんの体にピッタリだったチョッキは自分より大きい動物が次々に着ていくものですからだんだん伸びていきますが…

 

感想
お話はとっても単純な繰り返し。次々に現れる動物たちが、チョッキを着ていきます。ストーリーというほどのストーリーはありません。

文章も動物たちのほんの短いセリフの繰り返しのみ。これなら、小さい子どもも馴染みやすいし、覚えちゃうかも知れません。そしてこの繰り返しが小さい子にウケるんですよね。2歳位の子どもにちょうどいいですね。

ウチの子どもには4歳で読み聞かせましたが、大ウケでした。チョッキを着た時の動物たちのはにかんだ表情や、小さなチョッキを無理矢理に着込んでいる姿が面白かったようです。動物たち自身は似合っていると思い込んでいるようですが、お世辞にも似合ってるとは…(笑)。2歳よりも大きい子でもそれなりの楽しみ方はありますよ。

それにしても、お話の展開はねずみくんにはあまりに酷なのです。最後は伸び伸びになったチョッキを着て(着るというよりもはや体にひっかかっているだけ)うなだれています。ところがところが、こんな悲しい結末かと思いきや最後の最後のページに小さな絵があってちょっぴりハッピーな出来事が。これにはホッとしました。いいアイデアです。

絵は赤いチョッキ以外はモノクロになっています。

表紙を見てわかる通り、最初はページの下の方に小さなねずみくんがポツンというだけの絵。ページの視点は最後まで定点観測のカメラのようにずっと同じです。なんだか一種の舞台を見ているかのようにも感じます。でもだんだん出てくる動物が大きくなっていくに連れ、ページに占める動物の絵の割合が広がっていき、動物の大きさの違いが感じられるようになっています。チョッキを着る動物がだんだん大きくなっていくところがこの本の大事なところですからそれが小さい子にもわかりやすくなっているんですね。

ねずみくんのお話はとても長いシリーズになっていて、本作はその第一作になります。人気があるからこそのシリーズ化でしょう。2歳位のこどもにピッタリの本ってそんなに多くない気がします。貴重な傑作です。

コメントは受け付けていません。