つるのおんがえし


 いもとようこ
 同上
発行 金の星社
初版 2009/1/
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B
概要
昔々、よひょうという若者が、罠にかかった一羽の鶴を助けます。

そして数日後、よひょうの家に、旅の女が訪ねてきますが…

誰もが知っている昔話です。

 

感想
「いもとようこの日本むかしばなし」シリーズの一冊です。

このシリーズは、ストーリーを簡潔にまとめて、文章のボリュームをやや抑えてあるので、小さい子やまだ長い文が苦手な子にも比較的受け入れられやすいと思います。特にこのつるのおんがえしは、きれいにまとまっていると感じました。一応4歳からにしましたけど、もっと下の子でも大丈夫な気はします。

絵も、いもとようこさん独特のわかりやすくて、かわいい、とってもキレイなタッチです。子どもも親しみやすいと思います。

大人になって改めて読んでみると、なかなか深いお話ですね。子どもにどこまで理解できるかわかりませんが、どこに惹かれたのか、ウチの子には何度も読んでとせがまれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。