あたまにつまった石ころが


文 キャロル・オーティス・ハースト
絵 ジェイムズ・スティーブンソン
訳 千葉茂樹
発行 光村教育図書
初版 2002/7/1
対象年齢 10歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
私の父はこどもの頃から石を集めるのが好きでした。

父は大人になるとガソリンスタンドを始めます。それでも石の収集はずっと続いていきました。

時代に翻弄されながらも、ひたすら地道に石集めと研究を続けていったアメリカの一男性の生涯を綴ります。

 

感想(若干ネタバレ注意)
ラストはハッピーエンドなのですが、多分この人にとっては生涯がハッピーだったのであって、ラストはほんのおまけみたいなものだったのかも知れません。こんなにも打ち込めるこものがあるというのは羨ましいです。このお話は著者のお父さんの話であり実話なのです。著者は最後にこう語っています。

父ほど幸福な人生を送った人を、わたしはほかに知りません。

このお父さん、周りの人からよく「ポケットと頭の中は石ころでいっぱいだ」と揶揄されるのですが、どうも本当にそうみたいです。いい職がなくて困っている時に幸運にも鉱物博物館に採用が決まります。そんな時でも館長さんに対して採用の話はそこそこに「ところでいい石をみつけたんですよ」ですから。この人の会話は万事こんな調子でとてもユーモラスでもあります。揶揄と言っても陰湿なものではなく、ユーモアと愛情が背景にあるように感じます。周りの人達も優しい人だし、お父さんも愛すべきキャラクターだということなのでしょう。

石が好きだというだけではありません。この人は学んだり、新しい事を知ったりする事がとても好きなようです。その事が図らずもこの人の人生の経済的な意味での助けにも時々なっています。

絵はペン書きに水彩で色をつけたように見えます。ラフなタッチですが、ユーモラスな味と透明感があってちょっと飾っておきたくなるような絵です。

コメントは受け付けていません。