あさえとちいさいいもうと


文 筒井頼子
絵 林明子
発行 福音館書店
初版 1982/4/20
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明。1995/8時点で35刷
オススメ度 B

 

概要
お母さんが急な用事で出かけることになり、あさえは一人で小さい妹のあやを子守することになります。

家の前の道路で、あやのために長い線路を書いていたあさえですが、気がつくとあやがいません。

あわててあやを探しますが…

ちょっとドキドキさせられますが、幼い姉妹のハートフルなお話です。

 

 

感想
筒井頼子さん、林明子さんの最強コンビによる作品です。『いもうとのにゅういん』は本作の続編に当たり、数年後のお話になります。

お話はほんの束の間の出来事であり、ストーリーも非常に単純です。言ってみれば本作は小品なのです。ところが非常によくできた小品なんですねぇ。絵も文章も丁寧に描かれていてところどころに印象的な細かいディテールが組み込まれています。大人が読んでも楽しめると思います。こども目線で描かれているので自分のこどもの頃の気持ちをふと取り戻すような感覚におちいります。

特に絵はすごいです。自分が大きなお姉さんになったような気持ち、おしゃまな態度、心配で心配でドキドキする気持ち、妹を愛おしく思う気持ち、そういうものが絵からビンビン伝わってくるんです。特に最後のページの絵はとても微笑ましい。あさえはあやを見つけ、あやを想う気持ちが高じて抱きしめるのですがあやはなされるがままの苦しそうな体勢になっています(笑)。でもあさえは本当に心から「良かった」と思っているのでしょうね、満足そうな表情をしています。こうしてこどもは成長していくんだなっていう感慨深さがあります。絵だけでもここまでの事を語ってくれるのです。さすが林明子さんです。

日常的なお話ですから子どももわかりやすいでしょう。兄弟姉妹のいるお家なら、感情移入しやすくてなおさら楽しめると思います。また年上の子は、年下の子を可愛がる事を学べるかも知れません。

ちゃんとしたストーリーがありますが内容はシンプルで3歳位のこどもにピッタリです。でも細かいところまで見ていくと上記でチラリと紹介したように奥深さもあって、読み手の年代によってそれなりの楽しみ方ができる本なのかなと思います。

筒井頼子さん、林明子さんコンビの作品は、本作に限らず、子どもはもちろん楽しめますが、大人が読んでも(と言うかむしろ大人の方が)ツボを押されてウルウルしてしまう、素晴らしい作品ばかりです。他にもご紹介していますので、『林明子』のタグからどうぞ。

コメントは受け付けていません。