ひとりでうんちできるかな


文 きむらゆういち
絵 同上
発行 偕成社
初版 1989/11/
対象年齢 0歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数
発行部数 155万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
動物たちが1匹づつ自分で、おまるでうんちをします。

最後の女の子は、洋式のおトイレで。終わった後は自分でお尻を拭いて、水を流して、手を洗うところまで描かれています。

 

感想
楽しくトイレ教育ができる仕掛け絵本です。いずれの動物も最初はおまるかトイレでふんばっている場面。そこで仕掛けの部分をめくると、ウンチが出たところが描かれているという構成で、内容的にはその連続です。(マンガ調の絵でウンチもかわいく書かれています。)

このシリーズでは、大体恐竜くんの場面が笑いどころになっているのですが、今回も大きなウンチで笑わせてくれます。

絵本の初めの方に、トイレ教育に関する5ヶ条のアドバイスが書かれていて、参考になることもあろうかと思います。

上の表紙絵はおでかけ版にリンクされています。これは紙が破れにくい厚めの素材で、サイズがちょっと小さめのお出かけ仕様。通常の素材でもう少し大きめのサイズのもありますよ。

きむらゆういちさんのあかちゃんのあそびえほんシリーズを他にもご紹介しています。『きむらゆういち』のタグからどうぞ。

コメントは受け付けていません。