やまんばのにしき


文 松谷みよ子
絵 瀬川康男
発行 ポプラ社
初版 1967/5/
対象年齢 6歳から
文字の量 やや少なめ~やや多め
ページ数 40(この内やまんばのにしきのお話は32ページ)
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
ある晩、村にやまんばの使いが現れこう告げます。「やまんばにこどもが生まれたから餅をついてこい。さもなくばみんな食い殺すぞ。」

村人は相談の上、みんなでお米を持ち寄って餅をついて、いつもいばっている暴れん坊二人とおばあさんに餅を運ばせることになりましたが…

 

感想
教科書にも出ているお話だそうです。元は民話です。

短い中にも主要な登場人物の人間性が描かれ、エンターテイメントの要素も豊富で私も楽しめました。

若者二人は普段いばっている手前みんなの前で怖がるわけにもいかず虚勢を張って出かけていきますが、いざという時はからっきしです。それにひきかえおばあさんはいつも落ち着いていて賢くもあり、両者の対比がとても面白いです。

やまんばの赤ちゃんというのが豪快でこれがまた楽しいです。赤ちゃんなのにものすごいスピードで宙を飛び回り、ご飯もまともに食べ、一人でクマを仕留めてきたりするんですよ。スケールの大きい話や豪快なエピソードはこどもが喜びますね。

やまんばの使いが突如として嵐とともにやってくる物語の冒頭から最後の大団円まで、エピソード一つ一つが活き活きした情景として脳裏に浮かびます。こどもの心にも残るものがあると思います。民話というとこじんまりした印象を受けるかも知れません。実際限られた文章量ですからそうそう詳細まで描写はされませんが、でもこれをベースに映画にしても面白そうな気がする位の密度の濃いストーリーでした。

コメントは受け付けていません。