せんろはつづく


文 竹下文子
絵 鈴木まもる
発行 金の星社
初版 2003/10/
対象年齢 3歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 A

 

概要
子ども達が野原で線路を作り始めます。どんどん伸ばします。山にぶつかればトンネルを作ったり、
川があれば鉄橋を作ったり、どんどん伸ばします。最後はみんなで汽車に乗って走ります。

 

感想
子ども(こびと?)達が機械や工具を使って本当の線路を作っていますから、設定自体は荒唐無稽かも知れませんが、これは夢がありますよね。最後は作った線路の上を、汽車を運転して走っちゃんですよ。玩具のプラレールとかありますけど、そういうのが好きな子は大喜びしそうです。

「山があった。さあどうする?」とい問いかけの場面でページをめくると「トンネルを掘ろう」とトンネル工事をしている場面に変わります。そして次には、また他の難所があって「どうする?」となり、場面展開がとてもテンポが良くて気持ちがいいです。

この種の問いかけはいくつも出てきます。子どもと一緒に考えてから、ページをめくるのもいいでしょう。

難所があってもそれを乗り越える解決策を楽しく導きだす前向きさと、それを即行動に移すバイタリティは見ていて清々しい位です。子どもにいい影響があればいいなと思います。

文章のリズムの良さも、この絵本を楽しいものにしていると思います。対象年齢は3歳からとしましたが、文はほんの短いし覚えやすいものなので、子どもによっては2歳位でも十分楽しめると思います。

絵は油彩かな。とても親しみやすい、かわいい絵です。絵をよく見てみると、好奇心から動物たちも線路工事についてきています。その様子を見るのもまた楽しいです。

この絵本が気に入ったら、同じ竹下文子さんと鈴木まもるさんの他の本もどうぞ。
つみきでとんとん

コメントは受け付けていません。