【遊び】太鼓の達人


比較的小さい子向けの遊びです。スキンシップのある遊びです。

まずお父さんが座って太鼓になります。左膝を太鼓の面とします。こどもが左膝を叩いた時にお父さんは「ドン!」と言います。右膝が太鼓のふち。ここを叩かれたら「カッ」と言います。

こどもにお父さんの膝を好きなように叩いてもらって、お父さんがそれに合わせて声で音を出します。最初はこどもも要領がよくわからないでしょうから、お父さんが自分で膝を叩いてやってみせるか、こどもの手をとってお父さんの膝を叩いてみるかした方がいいでしょう。

このゲームの面白さは、お父さんがオモチャみたいになるという可笑しさと、複雑なもしくは速い叩き方をした時にお父さんが正確に返しづらくなるところです。こどもは要領をわかってきたらフェイントを入れてお父さんにミスさせるという高等技術もあります。またお父さんとこどもの役割を交代してもいいでしょう。

さらに面白くするには変な音を取り入れます。「ボヨヨーン」とか「にゃあ」とかを膝以外の例えば手とかに割り当てます。さらに複雑になるとともに、傍から見るとすごく変で笑えます。

コメントは受け付けていません。