ぐりとぐらのえんそく


文 なかがわりえこ
絵 やまわきゆりこ
発行 福音館書店
初版 1983/3/5
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 156万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

 

概要
のねずみのぐりとぐらが、お弁当を沢山持って遠足に行きました。

お昼が待ち遠しくて仕方ないのですが、なかなか12時になりません。

そんな中、林の中で長く伸びる毛糸を見つけた二人は、それを丸めながらずっと辿っていきますが…

 

感想
ほのぼのして、かわいくて、品のあるお話と絵。安心して読める一冊です。ぐりとぐらのシリーズでは、本作と第一作『ぐりとぐら』が私と子どものお気に入りです。

遠足は子ども達にとって、楽しい大イベントですよね。ぐりとぐらも歌ったり、走ったり、楽しそう。でも一番の楽しみはお昼のお弁当みたい。大きなリュックサックにホントに沢山食べ物を入れているんです。そしてもうお昼かなと、時計を見るとまだ10時。待ち遠しくて仕方ないんですね。

お話の後半は、毛糸の謎を追っていく展開になります。ちょっとした冒険でワクワクさせてくれます。

子どもが気に入りそうな小さなエピソードが散りばめられています。例えば、ぐりとぐらが時間をつぶそうと体操をしたり、毛糸を丸めていって、どんどん大きくなったり、くまさんも出てきて一緒にお弁当を食べるシーンも楽しそうです。

ぐりとぐらが歌いながら歩いたり走ったりする場面が時々あります。そこでは文が七五調になっていて、歌うように読むととてもリズムがよくて、楽しい雰囲気を盛り上げてくれます。

小さい子には若干わかりにくいかも知れないところもあります。読み聞かせる時に工夫したり、補足説明をしてあげれば大丈夫と思います。

ぐりとぐらのシリーズは他にもご紹介しています。この下の『なかがわりえこ』のタグでたどってみてください。

コメントは受け付けていません。