【遊び】風船バレーボール


風船でバレーボール遊びをしましょう。

バレーボールと言っても相手にとられないようにするのではなく、逆にラリーが続くようにお互い協力してやります。だからスパイクとかはなし。こどもの頭上にフワリと落ちるように返してやりましょう。

小さい子はラリーが続くだけでも楽しいようです。こどもが失敗して変な方に飛んでいった風船をお父さんが頑張って拾ったりするとそれも可笑しくて仕方ないみたい。

お父さんの方はただ返すだけなら余裕があると思うので、ちょっと変わった返し方をしてみてもいいです。ヘディングで返したり、後ろ向きでお尻で跳ね返したり、バレリーナのようにクルッと一回転してレシーブしたり、北斗の拳みたいにアタタタタタッと返したり、こどもにウケますよ。

ラリーの数を数えながらやれば数を覚えることにもつながりますよ。

風船がなくても大丈夫。台所にある小さめのビニール袋に息を吹いて膨らませてしばるだけでもそこそこ遊びになります。

少し大きい子は一人で蹴鞠みたいに(あるいはサッカーのリフティングみたいに)足で何回まで落とさずに続けられるか挑戦してみてもいいでしょう。

危険のないように広いところで遊んでくださいね。

風船がしぼんできてもまだ遊べますよ。小さくなった風船の一部をギュッと手で握ると残りの部分がふくらみますよね。それを利用して遊びます。

  • 風船にマジックで顔を書きます。その後手でギュッとやって顔の部分をふくらませると表情が変わってこどもにウケます。どの部分をふくらませるかによって顔の印象も変わりますよ。
  • 最初にギュッと握ってふくらませた部分にできるだけ小さい字を書きます。書き終えてから手を離すと書いた字が判別しにくい位とても小さくなります。そこで何て書いてあるのか当てっこをします。字じゃなくても動物とか何かの絵でもいいですよ。

コメントは受け付けていません。