バルバルさん


文 乾栄里子
絵 西村敏雄
発行 福音館書店
初版 2008/3/
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 A

バルバルさん のあらすじ・内容

バルバルさんは床屋さんです。

ある日お店にライオンがやってきました。たてがみがぐちゃぐちゃになったので、キレイにして欲しいというのです。バルバルさんはビックリしながらもライオンの要望通りに仕上げ、かっこよくなったライオンは喜んで帰ります。

なんと次はワニがやってきました。髪が無いのでかっこいい髪を生やして欲しいというのです。また動物かとバルバルさんはビックリしながらも、ワニの希望を叶えるのにどうしたらいいか考えます。

その後も動物がやってきます。さて、なぜ急に動物たちがバルバルさんのお店に来るようになったのでしょうね。

バルバルさん の解説・感想

ドラマチックというわけでもなく、終始のんびりした雰囲気で進む話ですが、こどもは大層惹きつけられるのです。動物がいっぱい出てくるし、動物との奇妙なやりとりがこどもにとっては不思議で楽しいのかな。

ライオンはまあいいとして、ワニの要望は笑えますね。その次のヒツジも、え~ってなるような可笑しくてかわいい要望です。さらにその次は泥んこのねずみらしき小動物がキレイにして欲しいとやってきます。バルバルさんは優しく丁寧に対応します。バルバルさんは動物だからといって手を抜きません。可笑しい要望にも切実な要望にも誠実な仕事ぶりで応対し動物たちはみんな大喜びで帰っていきます。『仕事』というものの本質を見せられるようです。

お話の最後がまたいいのです。なぜ急に動物が来るようになったのかその理由が判明しますが、それに対するバルバルさんの対応が実に(らしくて)いい。そして以後、人間と動物が混在するような形で繁盛するお店の様子が多文化共生的でこれまたいいです。バルバルさんの誠実さには差別がないんですね。

お話ももちろん楽しいのですが、西村敏雄さんの絵がこの本の世界を作り上げる大きな要素になっていると思います。私にとっても西村敏雄さんは大好きな絵本作家の一人です。ほのぼのしていて親しみやすく、可笑しいんだけど品もある。親から見てもこどもに安心して読んであげられる絵本だと思います。

バルバルさんという名前。バーバーから来てるのかな?本当の由来は知りませんが、語呂がよくてこどもにも馴染みやすいいい名前ですね。そんなところまで作り手の気持ちが行き届いている感じがします。

他の西村敏雄さんの作品もご紹介しています。『西村敏雄』のタグからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。