はつてんじん(初天神)


文 川端誠
絵 同上
発行 クレヨンハウス
初版 1996/12/
対象年齢 5歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 24
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
新年、とうちゃんが天神様にお参りに行こうと準備をしていると、息子の金坊が一緒に連れてってくれと言います。わんぱく盛りの金坊を渋々連れて行くことになりました。

お参りを済ませたあと、金坊にせがまれて縁日で凧を買うのですが…

落語をベースにした、親子の掛け合いが楽しい絵本です。

 

感想
こどもは大ウケでした。こどもが喜んでくれるので私も張り切って楽しく読み聞かせました。落語の楽しさをわかってもらうのにも最適な本だと思います。

あんまり詳しく話しては申し訳ないので、どんな話か概要だけ紹介すると…。渋々ながら金坊を連れて行くとうちゃんですが、賢く抜け目のない金坊に徐々にペースを握られていきます。そして最終的にはどっちがこどもなのやらという状況になり、金坊は「とうちゃんなんか連れてくるんじゃなかった(汗)」となるのです。

元々落語がベースですから、登場人物に合わせて声色を使い分け、テンポよく読み進めるといいと思います。ただ凧のパーツの名前とかこどもが理解しにくいところがあるのでその点はご注意を。

何だかこどものようなとうちゃん。これってどうなんだろ…という気もしなくはないですが、なんだかんだ言いながらも仲の良い親子のようですし、微笑ましいのです。著者の川端誠さんのあとがきではこんな風に語られています。

本来親子関係はマニュアルやテクニックでなんとかするものではないんでありまして、「初天神」の中にも、理屈や論をふっとばしてしまう豪快な父子関係が語られております。金坊にとって、この一日は実に楽しい思い出深い一日にちがいないのでありまして、それは、おとうさんにとってもそうなんでありましょう。

この落語絵本のシリーズは十数冊出ていますが、私のおすすめは本作ともう1つ『じゅげむ』です。いずれもテンポが良くこどもも理解しやすい平易な内容で、我が家でも人気でした。

コメントは受け付けていません。