わすれられないおくりもの


文 スーザン・バーレイ
絵 同上
訳 小川仁央
発行 評論社
初版 1986/10/10
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ~やや多め
ページ数 24
発行部数 117万部(2014時点)ミリオンぶっく
オススメ度 B

概要(注意:ラストまで紹介しています)
晩秋。年老いたアナグマが亡くなります。

悲しみにくれる森の仲間たちは、それぞれアナグマとの思い出を振り返ります。アナグマは仲間たちみんなに、いろんな知恵と工夫を残してくれていたのです。

そして雪が消えた頃、みんなの悲しみはいつの間にか消え、アナグマとの楽しい思い出を語る事ができるようになっていました。

 

感想
人生のあり方。死。悲しみを乗り越えて生きる事。知識や技術を伝えていく事。この本に描かれている内容は小さいこどもにはちょっと難しいかも知れません。ミリオンぶっくの冊子では対象年齢は”4歳から”となっていたのでそれにならったのですが、こどもにもよるでしょうね。でもそんなに難しい言葉は使ってありません。お話は理解できると思います。漢字はありますがすべてふりがながふってあります。こどもはこどもなりに、そして何度も読み返すうち、年齢を重ねるに従って気づくことが増えていく。そんな絵本だと思います。

死を扱っていますが悲劇的でもドラマチックでもなく、静かにお話は進んでいきます。とても誠実で心温まるお話です。絵の方も穏やかで素朴な印象のものです。

大人にも読んでいただきたい作品です。

ちなみにこちらのサイトでウサギの奥さんがアナグマから教わったしょうがパンを家庭で実際に作ってみています。興味ある方はどうぞ。
ビストロ・アニメシ アナグマとウサギの奥さんのしょうがパン前編

コメントは受け付けていません。