あきちゃった!


文 アントワネット・ポーティス
絵 同上
訳 なかがわちひろ
発行 あすなろ書房
初版 2014/8/30
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
仲良しの4羽、茶色い小鳥と赤い鳥とハトとカラス。

ある日、茶色い小鳥が、いつもの「チュン」という鳴き声に飽きてしまい、思い切り変な鳴き声に変えてみました。カラスは大反対。他の2羽は微妙な反応。

ところが今度は赤い鳥が、急に気が向いて変な鳴き声に変えてみました。

さてさて、この後どうなるのでしょう。楽しいお話です。

 

感想
これ、やられました。チョー面白かったです。こどももアハハアハハとウケてました。飽きたから鳴き声を変えてみる事にしたっていう発想が楽しいですよね。その変な鳴き声もこどもはおかしかったみたい。

文章もほんのちょっとありますが、ほとんどは鳥同士の会話でお話が進むので、漫画の感覚に近いです。というか、ほとんど漫画。4羽それぞれのキャラクターがハッキリ描かれていて、その掛け合いが楽しいんですよ。これは訳者さんのセンスもだいぶ影響してるんじゃないかな。グッジョブです。

特にカラスのキャラクターがかわいいです。自己主張の強い半面、寂しがり屋でもあり、憎めないんですよ。何だかカラスに対する印象が変わってしまいそう(笑)

おすすめ度Aにしようか迷いました。今も迷っている位です。ただ絵本としては新しい感覚なのですが、漫画として見るとあんまり目新しさはないのかなとも思いました。でもこどもにはそんな事関係ないですよね。なんだかんだ言って私自身も気に入ったし、大人も楽しめると思いますよ。

コメントは受け付けていません。