どうぶつ村のごちそうごよみ・なつ~たなばた・なつやすみ~


文 たちばなさきこ
絵 同上
発行 あかね書房
初版 1997/6/10
対象年齢 3歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 23
発行部数 不明
オススメ度 B

 

概要
四季シリーズの””編です。
七夕と夏休みを中心に、夏の行事、遊びや食べ物などを紹介しています。

ここで紹介されていること。
・夏の遊び(プール、水鉄砲、虫取り、シャボン玉)
・七夕の飾り付け、短冊のお願い
・寒天の作り方~あんみつの作り方
・海水浴、砂浜の遊び(貝のペンダント、砂遊び、スイカ割り)
・天ぷらの作り方
・盆踊り

 

感想
どうぶつ村の子ども達を通して、夏の楽しみが色々と紹介されています。

ストーリーは特にありません。夏の出来事を一こま一こま切り取っているような感じです。図鑑とお話の中間のような読み物です。

水鉄砲で虹を作っている絵がさりげなく出てきます。「海の水は塩辛いね」っていうセリフがあったりします。こんな些細な描写が色々でてきます。大人にとってはホントに些細な事ですけど、子どもにとっては新鮮な驚きにつながったりするんですよね。本の上だけでなく、実際の体験をさせてあげたいなと思います。

料理のやり方や、七夕の飾り付けのやり方も出ていますから、子どもと一緒にやれたらいいなと思っています。

このシリーズは、もう入手が困難になっています。いい本なのになぁ。

コメントは受け付けていません。