ともだち


文 谷川俊太郎
絵 和田誠
発行 玉川大学出版部
初版 2002/11/20
対象年齢 6歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 72
発行部数 不明
オススメ度 A

概要
友達って何だろう。

色んな角度から友達というものを考察していく絵本です。

 

感想
楽しんで読むというよりも、何かを考えるキッカケを与えてくれるタイプの絵本です。

見開き2ページに渡って大きなイラストが描かれていて、文章はほんの一行程度の短いもの。全編に渡ってそういう構成になっています。

大きく分けて7つのカテゴリから、友達というものを考察しています。「ともだちって」「ともだちなら」「ひとりでは」「どんなきもちかな」「けんか」「ともだちはともだち」「あったことがなくても」の7つです。

どんな文章が書いてあるかというと、例えば「どんなきもちかな」では…

なかまはずれに されたら どんなきもちかな。

「けんか」では…

なかなおりするには けんかするのと おなじくらいの ゆうきが いる。だけど わるかったと おもったら「ごめんね。」と あやまろう。

こんな言葉が並んでいます。

最後の「あったことがなくても」はそれまでとはちょっと違う切り口になります。和田誠さんのイラストではなく、海外のこども達の写真です。手を失ったこども、豊かな暮らしをしている子供と困窮した生活をしているこども、義手を付けたこどもなどです。

ウチは一人っ子なので特に友達を大切にしてほしいと思っています。お互いを思いやれて、ずっと仲良くしていける友達を作って欲しいです。人間関係というのは実際の経験で覚えていくことが多いのでしょうが、この本はそれをサポートしてくれると思います。ウチの子が読んだら(現時点でまだ見せてないのですが)、多分ハッと気づくこともいくつかあるんじゃないかな。

大人が読んでも、温かい気持ちになったり、忘れている大事なことを思い出させてくれたりすると思いますよ。シンプルな文ですけど、シンプルだからこそ考えてしまう、感じられるものがあります。

6歳からとしましたが、こどもによっては5歳でもいいと思います。年長さん位を想定しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。