ぴょこたんのクイズあそび


文 このみひかる
絵 同上
発行 あかね書房
初版 1981/6/
対象年齢 5歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 79
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
なぞなぞ、しりとり、迷路、犯人探し、シルエットクイズ、絵さがしなど、内容盛りだくさんの遊べる本です。

 

感想
ぴょこたんのあたまのたいそうシリーズの1冊です。この『クイズあそび』はホントにサービス精神旺盛で色んな種類のクイズがあって私もこどもも好きなのですが、だいぶ昔のものなので今は入手困難かも知れません。2000年以降も新作(『ぴょこたん このみひかる』で探せる)が出ているようなので、それが入手できるならそれでもいいと思います。ただこの本のような多彩な問題ではなく、なぞなぞならなぞなぞだけとかになっているかも知れませんが…

79ページもあって、問題もかなりの数が載っています。小学生位向けの娯楽本という感じで、絵本というよりは児童書。こういう本もいい意味でこどもの頭を刺激してくれると思いますよ。

本自体には、対象年齢が5歳~8歳と書いてありました。ひらがな、カタカナ、数字を知らないと出来ない問題も一部にはありますが、概ね入学前のこどもでもチャレンジはできるものが多いです。

クイズの問題のレベルですが、簡単なものから、大人でも悩むものまで色々です。大人の私でも楽しめる難易度の高いものも結構ありました。あんまり難しいのが続くとこどもも嫌になってしまうので、様子を見ながら良さそうなレベルの問題を出してあげるのもいいかも知れませんね。

コメントは受け付けていません。