へんしんトンネル


文 あきやまただし
絵 同上
発行 金の星社
初版 2002/9/
対象年齢 4歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要
カッパさんが「かっぱ、かっぱ…」と言いながらへんしんトンネルに入っていきます。

出口から出てきたのは、「ぱっか、ぱっか…」とお馬さん。

他にもいろんなものがへんしんトンネルに入っていきます。さて何に変身して出てくるのでしょうか。

 

感想
ことば遊びの絵本です。ある言葉を繰り返し言ってると、他の言葉に変身したように錯覚することがあります。それを利用したものです。こういうのはこどもが喜びますね。

表紙を見ると、カッパの他にロボットがいますね。ロボットが「ロボ、ロボ…」と言いながらトンネルに入っていきます。出てきた時は…もう想像つきますね(笑)

ウチのこどもは、最初この本を幼稚園で読んでもらったのだそうです。園児達に大ウケだったみたいです。どの変身も、最初にトンネルに入っていくところが描かれていて、ページをめくると出てくるところが描かれています。だから何に変身して出てくるのか、ページをめくる前にクイズのように楽しむことができます。複数のこどもに読んで上げれば、競うようになってますます楽しめそうです。

へんしんシリーズは私が知ってるだけでも5~6冊あります。トンネルを使うのはこの本だけですが、いずれも同じ趣旨のことば遊びの本です。

コメントは受け付けていません。