【大人向け本】子どもが育つ親子あそび365

;

著者 スティーブ&ルース・ベネット
訳 矢羽野薫
発行 ポプラ社

こどもが幼稚園くらいの頃、私はなるべくこどもと一緒に自分達で遊びの方法を考えて遊ぶように心がけていました。遊びを考えるということが頭を使い創造力を養うことになると思ったからです。私が遊びを考えると、こどもが「ここはこうした方がいい」とか「こんな遊びはどう?」とか自分で考えて言ってきたりして、実際これはなかなかこどもにいい経験になったかも知れないと思っています。

遊びを考えるに当たって私は、身の回りの物事すべてが遊びのヒントになるだろうからアイデアの源泉は無限にあると楽観的に考えていました。それは間違いではないと思いますが、でも新しい遊びを考え続けるのは実際なかなか大変なんです(汗)。だんだんアイデアが出にくくなっていきました。乾きかけた雑巾を無理やり絞るように(笑)遊びを考えるようになって、既成の遊び道具やおもちゃにも頼るようになっていきました。ところがこどもが小学校の3年生になって私より友達と遊ぶようになってきた今、この本を偶然見つけました。こんな本があったんですねぇ。この本では365種類もの遊びが説明されています。この本を読むと、まさに『身の回りの物事すべてが遊びのヒントになる』ということがわかります。私は全然甘かった。載っている遊びの殆どは誰もが知ってるような定番と言えるような遊びではなくて、まさに著者が自分で考えたのであろう遊びです。この本に出ている遊びをやっている内に大人もこどもも自分でも遊びを考えてみようという気持ちになるかも知れません。

この本の原題は『365 TV-FREE ACTIVITIES』。つまりこどもにテレビなんて見せるよりも、一緒に遊んだ方がこどもにとっていいですよ、という著者の考えに基づいて書かれています。もちろんテレビだって役に立つ面もあるでしょうが、見る方は一方的に受け取るだけであんまり頭を使わないで済むし、スキンシップもコミュニケーションもありませんからね。テレビに子育てさせるようなことはしたくないと私も思います。

そして肝心のこの本に載っている遊びの内容ですが、あんまり期待しすぎないでください。私は玉石混交だと思いました。正直言って「これって遊びとして面白いか?」って思うようなのも中にはあります。逆にこれはいい!というのもありましたよ。面白そうだったり、こどもにいい影響を与えそうだったり。遊びと言っても鬼ごっこのようにルールがあって何かを競いあったりするようなそういうゲーム的な遊びではなくて、何かを作ったり、何かにチャレンジしてみたり、学校の授業でもやるかもしれないなというような知的作業みたいなものも。たわいもないと言えばそうかも知れませんがこどもにとっては面白い体験になるというタイプの遊びがほとんどです。一つの例を上げますと『紙は何回まで半分に折れますか?』という遊び。ただ一枚の紙を何度も半分に折っていきます。でも絶対にある回数以上は折れないんですね。それを実際にやってみる遊びです。

この本をパラパラめくって良さそうな遊びを試してみるのもいいですし、この本を読むことで自分達で遊びを考えるヒントを得るという使い方でもいいかと思います。こどもの年齢は3歳位から小学校に入って計算ができないと遊べないようなものまで幅広くありました。

人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし

文 マイケル・ボンド
絵 エミリー・サットン
訳 早川敦子
発行 徳間書店
初版 2016/11/30
対象年齢 4歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 32
発行部数 不明
オススメ度 B

概要

パックさん夫婦とこども達で合計15匹の賑やかなネズミの一家。彼らは貴族の家の中にある大きなドールハウスでこれまた貴族のように豊かな暮らしをしていました。

このドールハウスは立派なもので貴族のお家へ見学に来たお客さんが写真に撮ったりするようなものだったのです。(もちろんその時はパックさん達は隠れています。)

ところがある日、貴族のお家が模様替えをしてとてもキレイになったことで、相対的にドールハウスが見劣りするようになってしまいました。パックさん達はドールハウスが捨てられてしまうのではないかと心配します。そこでこども達が一計を案じますが…

 

感想

この絵本はまず細かく書き込まれた美しい絵を見て欲しいです。特にドールハウス全体を見開き2ページで一望する絵はすごいです。4階建てで21部屋あるのですが、それぞれ全部違う壁紙で、家具や調度品も小さく丁寧に、さらに住み込んでいるネズミ達の様子も一匹一匹の個性がわかる位に描かれています。パックさんご夫婦の服装はもう英国の紳士淑女のそれで格好いいです。絵全体からも、品があって緑もあって、英国の香りがしてきますね。飾っておきたくなるような絵です。

お話はですね、最終的にはハッピーエンドです。そこまでの間には色々あるのですがそこは実際にお手にとって読んでみてください。ありがちと言えばありがちなストーリーかも知れませんが、こどもは楽しめると思いますよ。かわいいネズミ達に感情移入して応援するような気持ちになってしまうと思います。

私が気に入ったのはネズミ家族の普段の暮らしぶりの描写です。この家族、とっても幸せそうなんですね。いつもみんな一緒でお掃除したり遊んだり。特に夜、居間でみんなでテレビを見ているところなんかかわいいのです。テレビはドールハウスのテレビですから当然画面は動きません。チーズの絵が書いてあるだけ(笑)。でも家族みんながソファに座って一緒にそのテレビを見ながらくつろいでいる姿が何とも微笑ましいのです。

作者のマイケル・ボンドさんは有名な『くまのパディントン』の作者でもあるのです。これもまたとても面白いらしいのですが実のところ私はまだ読んだことがありません。絵はよく知っていますけどね。これを期に是非読んでみたいですし、まだ読んだことがない皆さんにもご紹介したいと思っています。

【大人向け本】子どもへのまなざし

著者 佐々木正美(児童精神科医)
発行 福音館書店
ページ数 324

ネット上のレビューを見てみても育児本としては定番と言ってもいい本なのだろうと思います。胎児期から始まって乳幼児期を中心に思春期に入るところまでを対象とし、児童精神科医としてのご自分の経験や海外の研究成果などを基に、大人が「子どもへのまなざし」をどう持つべきかについて書かれています。具体的な方策というよりも考え方を説いている本です。具体的な方策が書いていないような本は使えないと思われる方もいらっしゃるでしょうか。でも子育てにおいて発生する問題・課題は人それぞれ千差万別で、その全てについて回答を用意することは不可能でしょう。ならば基本を教えてもらってあとはご両親が応用を考えていく方が現実的ではないかと思われるのです。

大きな章立ては以下の通りです。

  • 乳幼児期は人格の基礎をつくるとき
  • 子どもをとりまく社会の変化
  • 人と育ち合う育児
  • こんな気持ちで子育てを
  • 生命との出会い
  • 乳児期に人を信頼できると子どもは順調に育つ
  • 子どもの望んだことを満たしてあげる
  • 幼児期は自立へのステップの時期
  • しつけはくり返し教えること、そして待つこと
  • 思いやりは身近な人とともに育つ
  • 子ども同士の遊びの中で生まれるもの
  • 友達と学び合う時期
  • 思春期は自分さがしの時期
  • 豊かな社会がもたらしたもの
  • 保母さん幼稚園の先生へ
  • お母さんへ、お父さんへ

さらに各章には数ページ単位の節が沢山あり、そのタイトルも目次に書いてあります。総ページ数324ページもあって厚い本ですが、節単位で見ると意外とすいすい読めます。目次を見て読みたいところから読んでいくのもアリと思います。

学校に入ってからの国語とか算数とかの勉強は、学び方が大体定まっていて、テストなどで習熟度も測ることができます。しかし、人間としての思いやり、社会性、人を信じる心といった人間性の基盤はいったいどのようにして学んでいくのでしょう。そしてその事に親はどのように関与していけるのでしょう。文中にありましたが、こどもがどんな人間になって欲しいかと親に尋ねると、思いやりのある子に育ってほしいという回答がもっとも多いそうです。私もそうです。ではどうしたら思いやりのある子になるのかと問われると、それをわかっている親はほとんどいません。私もそうでした。この本には、そうした点に関する執筆時点での児童精神医学上の見地が書かれています。「見地」と表現したのは、このような学問ではこれが究極の正解だと言えるようなものはなかなか出にくいだろうし、研究が進むにつれて徐々に深まっていく面もあるかもしれないと私が考えたからです。ですが、読んでみて私自身非常に参考になりました。そしてふと久しぶりに思い出したことがあります。小さい頃に縁日で買ってもらったヒヨコのことです。買ってもらって数日するともう私はヒヨコに対する興味を失っていきました。そしてそうする内にヒヨコは何が原因かわかりませんが徐々に弱ってきたのです。その時に家族の中で私の母だけが、ヒヨコに優しく語りかけ、あれやこれやと世話をしていました。結局ヒヨコは死んでしまったのですが、私はその時の母の様子を未だに忘れることができません。この経験は私の精神に何らかの影響を与えているはずなのです。

この本に関するamazonや楽天のレビューを見てみると大体ほとんどが高評価ですが、少ないながらも数件、この本を読むと自分の不甲斐なさを突きつけられるようで辛いというような主旨の感想がありました。多分とっても真面目で一生懸命なお母さんなのでしょう。実はこの本、語り口は優しいのですが結構厳しい内容も書かれているんです。例えば乳幼児期の育児がうまくいかなかった場合、やり直しはなかなか難しいとか。しかしこういうチクリとくるような事は自分にとって読む価値があることの裏返しではないでしょうか。あまり深刻になりすぎずに読んでおいた方が、よくわからずに悩んだり心配したりしているよりずっといいと思います。私がドキッとしたのは、『両親が仲が良い家庭のこどもはそれだけで大体順調に育つ』『いいご主人に恵まれたお母さんはいいお母さんになれる』という旨のくだりでした。お父さんにも是非読んでいただきたいと思います。

この本でもっとも繰り返し説かれていることは『こどもが望んでいることをできるだけ叶えてあげること』です。そもそもそれが人間性を育む上でどれほど重要なことなのか、私はまったく理解できていませんでした。それが甘やかしすぎになるのではという心配に対する回答、望みを叶えることと干渉することの大きな違いなども書かれていて腑に落ちました。実は私、この著者の本をもう一冊読んでおりまして、それが下記の本です。この本はこの『こどもが望んでいることをできるだけ叶えてあげること』について書かれています。文章量も多くなく読みやすいですよ。

『子どもへのまなざし』はシリーズになっていて、一作目、続、完と計3作あります。ここでは一作目のみご紹介しました。因みに三作目の完は、発達障害のこどもに関する記述が多くを占めています。