ぐるぐるジュース

文 矢野アケミ
絵 同上
発行 アリス館
初版 2014/9/20
対象年齢 2歳から
文字の量 かなり少なめ
ページ数 24
発行部数 不明
オススメ度 B

概要

(ページいっぱいに白い円が描かれています。)

まあるい形は魔法の形。いろいろな果物を入れてぐるぐるぐるぐる回しましょう。

はい!おいしいジュースのできあがり!

 

感想

これは楽しいぞお!(笑)

ぐるぐるえほんシリーズの『カレー』、『洗濯』につづく第三作めにあたります。ぐるぐるえほんシリーズは、基本的に全作が同じような構成でできており、白い丸に色んなものをぶち込んだらぐるぐる回して、ハイ完成!というシンプルなものです。本作ではいくつかの果物を入れていってジュースを作りますよ。

白い丸って何なの?ジューサーを上から見たの?…そんな事を考えてる大人!そんな些末な事はどうでもいいんです!白い丸はぐるぐるができる道具なんです。それでいいんです!(笑)

なんといっても、この絵本の楽しみは『ぐるぐる』に尽きます。材料を入れた白い丸をかき混ぜるように読者が指でぐるぐるするのです。しかけ絵本でも何でもありませんよ。ただページの上をなぞるようにぐるぐるするだけです。もっともっと回して!と本から催促がくるので指示通りもっともっと回します。そして次の指示でピタッと止めます。これだけのことですが2歳位の子どもなら嬉々としてやってくれそう。そして親子でやったらもっと楽しそう。

もうひとつこの絵本の特徴は魅力的な擬音語・擬態語がたっぷり入っているということ。果物を切ったり皮をむいたり、ミルクを注いだりとかそういう音です。元々文章がかなり少ないというのにこの擬音語・擬態語の充実っぷりはすごいです。しかもいずれもリズミカルで語感がよく、美味しそうでもあり、こどもの興味をひく可能性大です。クライマックスの『ぐるぐる』の前座として読者の期待を高める申し分ない働きをしています。また子どもが言葉への興味を持つきっかけになっていくかも知れませんね。

全体的な展開も、テンポよく仕切られるような歯切れの良さがあって気持ちいいです。

シンプルながら、なんかもう全てが計算して作られてる感じがする完成度です。『ぐるぐる』という遊びの要素が入っていることで読む本としてどうなのか?という批判的なご意見ももしかしたらあるかも知れませんが、2歳位の子どもなら、親子で楽しい時間を過ごすこと、本が楽しいものだと子どもに思ってもらえるということ、これだけで十分素晴らしいじゃないかと私は思いました。

【大人向け本】子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ

著者 天野ひかり
発行 サンクチュアリ出版

この本は、ふと絵本『おこだでませんように』を久しぶりに手に取った後に読みました。この絵本では大人とのコミュニケーションがうまくいってないことが遠因となって普段怒られてばかりいる男の子が主人公です。自分の経験から考えても、自分はこどもの気持ちを聞こうとしているだろうか、『上から教えを垂れる』という気持ちがどこかにあって自分の主張だけをしていないだろうか、そんな不安を改めて感じてしまいました。

さてこの本のことに戻りますが、この本はそんなこどもとのコミュニケーションに関する悩みをもつ親のためのアドバイス本です。副題として「怒って落ち込むその前に」と付いています。まさに『おこだでませんように』にとの関連性を感じます。著者の天野ひかりさんは、元々テレビ局のアナウンサーでした。自身が仕事と子育ての両立に悩んだそうです。そしてたまたま子育ての番組を担当したことから、知識があれば子育ての不安は小さくなりもっと楽しくなるということ、こどもと一緒にいる時間の長さよりもどんな風にすごすかが大事なんだという事に気づいたのだそうです。そして現在は『NPO法人 親子コミュニケーションラボ』を主宰して、親子のコミュニケーションに悩む大人にアドバイスを送っているのだそうです。

本書は大きく3つの章からなります。第一の章は、基本編。ここではコミュニケーション以前に大前提として知っておくべきことが書かれています。ここで私はいきなりガツンと殴られたような気がしました。著者は言い切ります。

親のいちばん大切な役割は「子どもの自己肯定感を育てること」です。

自己肯定感という言葉はよく聞きます。育児書には必ずと言っていいほど出て来る言葉です。が、なぜそれが重要なのかこの著者はとてもわかりやすい説明をしてくれます。自己肯定感は器なのだそうです。こどもが成長の過程で身につけていく知識や能力を入れるための器です。器が弱かったり小さいと、ちょっと失敗したり怒られたりするとヒビが入ったり中身が溢れてしまったりします。でも親の多くは器を丈夫で大きなものにする前に知識や能力を詰め込もうとしており、それは順番が逆だと主張されています。そしてさらに自己肯定感を育む唯一の方法は親の適切な言葉がけだとしているのです。いや~私はこの本の最初の章のさらに一番最初の節を読んだだけでこの本を手にしてよかったと思いました。

第二章の内容はそもそもの本書のダイトルそのまんま、『聴いてくれて話してくれる会話のコツ』です。8つのコツを提示してそれぞれ詳しく説明されています。8つのコツはそれぞれ非常に納得できるものです。何故かと言うとどれも最初に悪い例をあげているからなんですね。私もそうでしたが、多分これを読んだ親御さんは悪い例を読んだ時に「あっ自分もやってる!」といくつか思うでしょう。知らない内にこんな事をやってたなんて、ホント馬鹿だなって反省しましたよ、マジで。全部を今日からいきなりうまくやるというのは難しいでしょう。現実的にはできそうなものから徐々に身につけていくようなやり方になるのだろうと思います。

第三章は、実践編です。日常の様々なシーンでの会話を例にあげて、前述のコツを使った会話とは実際にどんなものかを解説していきます。実はこの第三章が本書のページ数の半分以上を占めています。28もの日常のシーンを例にしているのです。最初私は、ここまで細かく説明する必要があるのか?と思いました。コツさえ知ってればいいのではないかと。でも違うんですね。第二章の理解を深めるためにも第三章は必要です。それに8つのコツに収まりきらないTIPSを多分この著者はいっぱい持ってるんですね。ご自分の経験やNPO法人での経験によって蓄積されているのでしょう。その一端を知る意味でも第三章も読む価値ありなのです。

おんなのこのおえかきレッスン

絵 オチアイトモミ
発行 ひかりのくに
初版 2012/3/
対象年齢 8歳から
文字の量 やや少なめ
ページ数 64
発行部数 不明
オススメ度 B

概要

これは絵本ではありません。物語もありません。女の子のイラストを可愛く書くための練習帳のようなものです。

 

感想

これはなかなか面白い本(?)です。キレイな服を着た可愛い女の子の絵を描くのが好きな子、描きたいと思っている子は多いでしょう。この本はそんな子のために、上手に描く方法を教える練習帳です。

描こうとする絵は、漫画チックなキラキラした目の女の子。表情や髪型、ドレスに色んなバリエーションがあります。上記の表紙の絵にも左下の方にちょっとイラストが出ていますね。こんな感じです。

練習の方法はなぞり書きです。見本の薄い線に沿って鉛筆を走らせていきます。ちょっとしたアドバイスもところどころにありますが、基本的に描きながら覚えていく感じです。最初は顔の描き方、目の描き方から始まって、表情の描き方、ヘアスタイルの描き方と順に習得してきます。本書の最後の方には女の子を始めとして、動物や植物、食べ物、ファッションアイテム、王子様などのイラストのお手本シートがあり、ページの上に白い紙を乗せて透けて見えるお手本をなぞり書きできるという趣向です。

塗り絵でメイクやドレスに色付けするコーナーや、自分で自由にドレスをデザインして描くコーナーもあります。

この本を全部やればそこそこ上手なイラストが描けるようになりそうな気はします。もちろんある一定の書き方の真似事でしかないわけですが、これで自信がついたり、イラストを書くことの面白さを知れば、その後は自分でさらに成長していくのではないでしょうか。

さらにおまけのページもあり、心理テストやおまじないのコーナーがあります。心理テストはともかくおまじないに関しては「ちょっとなぁ」という感じ。お友達ができるおまじないとかあるんですが、嘘はいけませんね。

この本を活用するにはそれなりに絵を描く能力・経験があることという前提条件のようなものが必要になるかも知れません。あくまでも『それなりに』ですが。と言うのは、恐らく幼稚園・保育園の園児位だとちょっと難しいのではないかと思われるからです。この本に出てくるようなイラストを描くにはまず自分の手を細かいレベルで思い通りに動かす能力が必要です。また絵を描くということはその描く対象を脳の中でイメージできる必要があります。園児位のこどもが人物を描くと、頭にボサボサの髪が生えていて、手や足は一本づつの線で描かれるでしょう。それは人物に対するイメージが、髪があって手や足があってというレベルの認識しかできていないからだと思います。そのレベルから一足飛びに、手や指の太さや形とか、顔の表情とかに飛んじゃうのはやっぱり無理かなと思います。そんなことを考えてまあ8歳以上が適当ではないかなと思いました。因みにウチの子は8歳でこの本に出会いましたが、まだそう簡単にマスターできるような状況ではないです。でも楽しんでやってるようです。最初のページから順に勉強のようにやっていくのではなく、あくまで遊びで好きなページからやっているようですがそれでいいのだろうと思っています。